Xperia XA(F3111)を購入しました【レビュー外観編】

 買いたいものを買ってしまう生活


Xperiaの新ラインナップ、Xシリーズの下位機種Xperia XA F3111 Lime Gold(国内未発売)を購入しました。

先々月くらいまでは、「メインでAQUOS Xx2 mini、カメラ/音楽でXperia X使いたいなー」とか思っていました。
とはいえ機能面ではXperia Xに軍配が上がるものの、デザインでは圧倒的にXperia XAに惹かれていまして、どっちを買おうか悩んでいた次第です。

しかし先々月にDMC-CM1、先月にHTC 10を立て続けに購入。
写真も音楽も彼らに任せるとなると、メイン機をXAに頼みたくなるのが世の常。

先のポンド安も相まって、Cloveでそこそこお安く買えると知り、気がついたら気を失っていました。


購入概算は3万5千円

Sony Xperia XA F3111 - INCLUDES MCAFEE MOBILE SECURITY (WORTH £30)
https://www.clove.co.uk/sony-xperia-xa

日本への発送にも対応しているイギリスの端末通販サイトCloveで購入。
本体が約2万7千円。今回は発送にDHLを利用したので、送料約3000円+輸入消費税1200円+DHLへの建て替え手数料1080円。
合わせて約3万5千円での購入となりました。

依然として円高ポンド安は続いているので、購入を考えている人は今がチャンスかもしれません。
今ならマカフィーモバイルセキュリティのシリアルコードがついてきます!(?)


開封の儀!!!


シンプルな箱に、薄く"X"。側面には「Xperia XA」の印字。

パッカーンでご対面。

下の箱はXシリーズのイメージ?波のようなデザインが描かれています。

同梱物は充電器とUSBケーブル。
日本仕様のプラグではないので、別途用意する必要があります。

お待たせ致しました。こちら、Xperia XAライムゴールドです。
圧倒的な狭額縁と、丸みを感じられます。




外観フォトギャラリー


Xシリーズ唯一の丸型電源キー。
右側面は電源/音量/カメラキーです。

下部にmicroUSBコネクタ/マイク/スピーカー。

遠くから。フレームの一体感と、下位モデルながら前面まで色が統一されている点が目を引きます。

左側面。SIMカード/microSDカードスロットのカバー。

上部はマイクとイヤホンジャック。

背面です。シングルSIMモデル・デュアルSIMモデルに共通して貼られているシール。
カードの挿入方法が記載されています。

剥がしました。
リアカメラ。出っ張りはありません。シルバーのリングがいいアクセントです。

XperiaロゴとNFCアンテナ。
ロゴの位置と背面の丸みから、Xperia ZL2を思い起こします。

AQUOS Xx2 miniが実家に帰っているので、同じ5インチ端末のHTC Desire 626と比較。

一回りほど差が見られます。

スペックを確認


OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6755 2.0 GHz + 1.0 GHz (Octa Core)
ディスプレイ 5.0インチ TFT
解像度 1,280×720 (HD)
RAM 2GB
ROM 16GB
アウトカメラ 1300万画素 Exmor RS IMX-258
インカメラ 800万画素 Exmor R IMX-219
サイズ 143.6mm x 66.8mm x 7.9mm
重量 137.4g
バッテリー 2,300mAh
LTE Band 1, 2, 3, 5, 7, 8, 20
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n

ミドルスペックでまとまっています。
元よりゲームなど高負荷なアプリに向いていないことは明白です。

デザインに惚れて買ったものなのであまり気にしていません。


まとめ


発表当初から欲しい欲しいと思っていた端末です。
早いタイミングで購入できたのでなんとなく嬉しい。

今後は機能などのレビュー、アクセサリのレビューを予定しています。
レビュー機能編はこちら


エクスパンシス



スポンサーリンク


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿