Panasonicのコミュニケーションカメラ DMC-CM1を購入していました

 実はずっと欲しかった


ebayオーストラリアで安く購入できるとちらっと伺ったので、一月ほど前に購入しました。
日本円にして44000円ほど、送料無料で購入できました。
後にFedExから輸入2400円の請求がきたのは輸入ならでは。

この端末、発表時からずっと気になっていていたのですが、いかんせん当時の10万円という価格がネックになって諦めていました。
半額以下なら買っちゃいましてもしょうがない!と半ば気を失っていたのは、早くもいい思い出です。

残念ながらこの価格でのebayの出品はもうありませんでした。


日曜深夜に注文したら金曜には受け取り


毎回不安になる海外通販。
追跡ができないスマートブレスレットや何ヶ月も来ない時計など、これもこれで輸入の醍醐味ではありますが。
今回はさすがFedEx。追跡できる上に国内通販と遜色ないスピードでした。

日曜の深夜、気を失って気がついたら購入完了。以下、下から上に新しい履歴です。

27/05/2016 - 金曜日
19:13配達完了FUKUOKA JP
09:30配達に関する情報FUKUOKA JP
後日配達リクエスト
26/05/2016 - 木曜日
22:02輸送中/処理中SENNAN-SHI JP
最終的な配達を行なう認可済み業者に委託
12:42国際輸送許可 - 輸入SENNAN-SHI JP
08:40輸送中/処理中SENNAN-SHI JP
通関中
08:16仕向国仕分け場所SENNAN-SHI JP
04:12FedEx経由地を出発GUANGZHOU CN
03:08輸送中/処理中GUANGZHOU CN
02:05FedEx経由地に到着GUANGZHOU CN
25/05/2016 - 水曜日
21:03輸送中/処理中TA YUAN HSIANG TW
20:34輸送中/処理中TA YUAN HSIANG TW
24/05/2016 - 火曜日
19:11出荷地のFedEx営業所を出発TAICHUNG CITY TW
18:12集荷完了TAICHUNG CITY TW
22/05/2016 - 日曜日
23:22貨物情報はFedExに送信されました。

途中追跡してみると、金曜の昼ごろに配達予定とのことで、当然お仕事中で受け取れません。
その日の夜に配達してもらうようお願いができました。
最悪翌日受け取りになってしまったので、対応いただいて助かりました。


開封です!


カメラを購入したのかと間違えそうな箱に包まれてやってきました。

中身を取り出して仕切りを開くと、このように四方に開くのが、個人的に好きなポイント。

美しい。

LEICAブランドの刻印。

端っこには、結局発売されなかったクレードル用端子(CM10では廃止)。
microSIMとmicroSDカードスロットがその横に。

上部ボタン類。
右からシャッター、カメラ起動スイッチ、電源ボタン、音量キー。
カメラ起動スイッチをスライドさせることで、スリープ状態からでも高速でカメラを起動できます。

付属品として、フェライトコアがついたUSBケーブル。



技適の通った日本仕様と同等品


LTEのBand1/3/4/5/7/8/20を掴める日本販売仕様と同じ台湾版が届きました。
技適も通っていておっけーおっけー。


Lollipopアップデート対応


既に時代は6.0Marshmallowな気はしますが、発売当初KitKatだったCM1でLollipopが使えるのは嬉しいですね。
他にも機能の追加などがされています。
今後のPanasonicの対応に期待です。


ディスプレイ調整機能が強い


カメラを使ったWB設定や、画面の色合い設定が事細かに可能です。


まとめ


やっと手に入れることができたDMC-CM1。
同じくらいずっと欲しかったFUJIFILMのXQ2を諦める結果となりましたが、撮ったその端末でアップロードができる魅力に抗えませんでした。

どこに行くにも手軽に持ち出せて、さっと取り出し撮影しシェア。
作例をアップするか、このブログにGalleryページを作るかで悩んでいますが、いずれ撮影したものも見ていただきたいです。

とりあえずインスタはじめました。ていな@teina1017

とはいえ裸で持ち出すには怖さが勝つので、保護用アクセサリをいくつか購入しています。届き次第まとめてレビューして紹介するつもりです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿