HUAWEI Honor Band 4を購入しました。レビューその1:ファーストインプレッション編

日本語表示には未対応、今後のアプデに期待。

スマートブレスレットを買い替えてみました。
Mi bandと悩みましたが、HUAWEI製の新製品、Honor Band 4を選択。
出たばかりの製品で誰も使ってないだろうからという理由もありますが、前世代機であるHonor Bandが日本語表示できるという点で、こいつも問題ないだろうという見込みから。
まあ、できなかったんですけど…

とりあえず、ぱっと見でどんな感じのものかファーストインプレッションとしてレビューしていきます。

ちなみに、現在はiWOWNfitのi6 proというスマートブレスレットを1年ほど愛用しています。
薄型で通知も日本語で受け取れるのでかなり重宝していましたが、バッテリーが1日もつかもたないかというところまできてしまったので買い替えを決めました。


今回、Geekbuyingから購入し、DHL発送で約1週間で受け取りました。
送料込みで6000円くらいになりました。他にもAliExpressなどで購入できます。

パッケージなど

水色のパッケージに製品の写真がプリントされています。
HUAWEIの文字が表面にはどこにも印字されていないのがちょっと驚きました。

裏はよくある、「こういうのができますよ!」系の説明ですね。

開封して本体を取り出しました。下部のボタンが目を引く、とは言えよくありそうなデザインです。

バンド自体はしっかり留められるもので、バンド留めに「honor」と刻印があるのがワンポイント。

快 速 入 門。いわゆるマニュアルかと思いましたが…

充電はこうだよ!アプリはこっから入れてね!以上!!
とりあえずの説明書きにとどまったペラ紙でした。詳細な説明はアプリ内で見られるので、十分と言えば十分。

充電はmicroUSBケーブルと、専用コネクタで行います。

本体裏に充電用端子があるので、ここにコネクタをかませてケーブルをつなぎます。

コネクタ自体はしっかり固定できるので、充電したままバッグに放り込んでも大丈夫そう。



起動したらまずはアプリをダウンロード

本体下部のボタンを押すと、「これはhonor Bandだよ~」という説明(たぶん)が表示されます。このままでは使えないので、スマホ側に管理アプリをインストールします。

Huawei Healthというアプリで管理します。
iOSアプリはこちら、Androidアプリはこちら

Honor Band 3まではアプリを2つ入れないといけなかったらしいですが、このHonor Band 4では1つのアプリのみでOKです。

道なりに進んでペアリングを完了させると、さっそくアップデートのお知らせ。
ダウンロードからHonor Band 4への転送、Honor Band 4上でのアップデートまで10分ほどかかりましたが、簡単に完了しました。

何ができるかはアプリのマニュアルでだいたい分かる

ウォッチフェイスはここから変えられるよ、メニューはこんな感じだよー、というのをアプリで確認できます。今後、ここからかいつまんで機能を説明していこうと思います。

Alipayのメニューとかあって、もしかしてこれで決済できるの…!?とかわくわくしてます。

0.95インチの高精細なカラー有機ELパネルが、使っていて大変いい感じです。日本語出せればなぁ…

言語選択はペアリングしたスマホに依存する

ヘルプで「language」と検索すると上図のような説明。曰く、自動で変わるで。とのこと。
実際、Androidスマホとペアリングして、スマホ側の言語を英語に設定すると、Honor Band 4の言語も英語になりました。
ただし、日本語のような現在対応していないと思われる言語をスマホ側で選択すると、中国語に…
アップデートで対応されることを願います。

現状、英語でLINEを飛ばすとこんな感じで通知されます。一度に表示できる情報量は結構多めな上に、画面をスクロールすることができるので全文表示できます。便利。

Honor Band 4でできること

HUAWEI TruSleepという睡眠モニタリング技術による睡眠状況の計測や、各種運動の計測が可能です。また、5気圧防水を謳い水泳の計測も可能、さらにそれらをアプリでまとめることができるなど、運動のお供にぴったりなデバイスです。
他にも、ペアリングしているスマホから音を鳴らしたり、着信を拒否したりというスマートブレスレットの基本機能も搭載。
カメラのシャッター代わりとしても使えるのですが、EMUI8.1以降を搭載したスマートフォンのみ… こんなとこでHUAWEI色出さなくても…

おすすめできそうな機能をちょいちょい、今後お伝えしていこうと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

8 件のコメント :

  1. こんにちは
    購入検討しているためとても参考になります。

    一点質問なのですが、通知も日本語表示不可ですか?
    漢字とひらがな混在のメッセージだと漢字だけ表示され、ひらがなは文字化けする感じでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。ご覧いただきありがとうございます。
      参考になると言っていただき、大変うれしいです。
      通知についても日本語表示不可となっています。ひらがなは文字化けというより表示そのものがされず、例えば「焼肉の定食」というLINEを送ると、「焼肉定食」と表示されます。

      他にもご不明な点があれば、答えられる範囲でお答えしますので、お気軽にコメントいただければと思います。

      削除
    2. 返信ありがとうございます。
      漢字が表示されるだけでも多少は分かるので安心しました。

      お言葉に甘えてもう一つ質問させて下さい。
      写真では英語表記になっていますが、時計の曜日表示は端末側が日本語設定だと中国の曜日表示になりますか?

      削除
    3. ちなみに漢字だと1度に30文字表示することができ、そのままスクロールが可能です。
      時計の表示についてですが、仰る通り端末の言語設定が日本語の場合、中国語の表示になります。例えば今日は木曜日ですが、「周四」と表示されます。

      削除
    4. ご丁寧にありがとうございます。
      やはり中国曜日表示ですか…慣れなのでしょうが引っかかりますね。
      日本語対応のバージョンアップを望むばかりです。

      削除
  2. ひらがなはでません。漢字のみです。
    (/_;)

    返信削除
    返信
    1. ご覧いただきありがとうございます。
      端末の言語設定に依存するので、Honor Band 4側だけ英語表示っていうのができないのが現状不便ですね… アプデはよって感じです…

      削除
  3. アプデが降ってきたけど、アナログ秒針 faceがついただけだった。
    国内正規発売の band 3 pro は、日本語対応なのになあ
    GPS入ってるからって1万2千円は日本人のぼったくり価格だよ
    iWOWNfit i6C pro のほうがいいね。 

    返信削除