Smart Bracelet i5 Plusで、数字が見える運動を続けてみませんか

頑張った記録が目に見える。モチベーション、上がる。


最近、健康に気をつけるつもりで運動を始めました。
デスクワークで首・肩が凝ることをお医者さんに相談したら、筋トレを勧められましたもので。
ついでに走ったりもしてみようと、ランニングシューズなんかも買ってみたり。


運動しろとせっついてくるi5 Plus


「今日の運動の目標には到達していません」ということを午後5時過ぎくらいに言われます。
ちょうどお仕事終わり間際のタイミングにブルっときてこんなこと言われるので、「うるせーーーー!!」ってなりながら毎日過ごしています。
ちなみにその目標値というのはデフォルトで10000歩/日です。

午後5時より前に10000歩歩いていると、このように若干の達成感ある通知をしてくれます。


1日ごとの運動量が細かく分かるZeronerでの管理


とある1日の運動記録です。このように走った距離と時間と速度、消費カロリー量を算出してくれています。
測定がi5 Plus単体によるものなので精度について完全な信頼はできません。
とはいえある程度の目安にはなると思いますし、何も無いよりこういった数字が出てくるとなんかやる気出てきますよね。


ウエストポーチで邪魔にならないランニングライフ


以前紹介したウエストポーチを装着して走りに行っています。
スマホと小銭、家の鍵くらいなら入れてもサイズが大きくならず、走るときにたゆんたゆんしません。
服のポケットに入れるとどうしても走るときに気になってしまうので、ウエストポーチや腕につけるようなポケットなどはおすすめです。



室内トレーニングにはマットもおすすめ


床の上で腹筋すると尾てい骨が当たって痛いのでヨガマットを購入しました。
4mmや6mmのものも売ってありますが、厚いほうがいいだろうと10mmのもの、その中でも安かったこちらを選択。

長さは180cmと十分なサイズ。気になっていた尾てい骨の接触も解消され楽になりました。
厚みもあるので一晩寝るにも使えます。


まとめ


運動は大事ですからね。
とりあえず道具を揃えれば「やらねばならん」という気になって、それなりに続いています。
負担になるほどのプランではなく、ちょっとした時間に軽く動くことを毎日続けることが大切だと思います。

なお、運動後数時間はアルコールの摂取は控えた方がいいらしいです。
これが一番きつい。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿