DMC-CM1用のアクセサリを揃えました

 Ready! CM1 Full-ARMS!!


先日購入記事を書きました、PanasonicのコミュニケーションカメラDMC-CM1。

液晶はもちろん、レンズ周りのフォローをしっかりしなければとても外には持ち出せないので、周辺アクセサリが揃うまで持ち歩きはおあずけでした。

どこそこで購入したものがようやく揃ったので、まとめて紹介します。

まずは鉄板、ガラスフィルム


ビームコーポレーションのCOTTAブランドの専用ガラスフィルム。
CM1用のガラスフィルムはこれしか無いようで、選択の余地はありません。

プラケースに丁重に囲われ、アルコールウェットクロスとドライクロス、ホコリ取り用のシールまで。
お恥ずかしいことに、付属品が豊富なフィルムに弱いです。

専用に作られているだけあって、隙間なく貼ることができます。
厚さ0.33mm、硬度9H、防指紋加工にラウンドエッジ加工。
先ほど選択の余地は無いと書きましたが、だからと言って低クオリティというわけでもなさそうです。


レンズフードでレンズ周りを保護


同じくビームコーポレーションのCM1/CM10専用レンズフード。
装着イメージはトップ画像、もしくはもう少し下を見ていただければ。

金属製でデザインを程よく損なわず、レンズを保護してくれます。
LEICAロゴが若干隠れてしまうのは仕方ないところです。



ディフェンスフィルターでレンズを直接プロテクト


レンズフードは正面からのダメージに対しては無防備なので、こちらも合わせて買いました。
私が見た時にはAmazonでは売り切れていたので台湾から購入。
Lumix CM1 / CM10向け 5層ディフェンスフィルター | MATENRO-HK http://www.matenro.hk/products/defence-filter-for-cm1
送料込みで2400円ほど。
現在はこちらのサイトでも売り切れているようですが、Amazonには僅かながら在庫があるようです。

レンズフードと合わせて。遠目であれば違和感を感じないほどマッチしています。



ハンドストラップはイヤホンジャックで


CM1の利点である(カメラとしては)薄型デザインですが、裏を返せばホールドできる意匠に欠けるということです。
貼り付け型のグリップなんかも、いずれは試してみたいとは思いますが、ひとまずは手首固定を。

CM1にはストラップホールがありません(後継廉価型のCM10にはクレードル用端子が省かれストラップホールが設けられています)。
購入のきっかけであり、アクセサリを揃える参考にもさせて頂いたkuropon.mobi様ではスピーカー穴に通すという離れ業(?)でもって解決されていました。

なんでもかんでも真似するのはあんまりだ前から気になっていた、"イヤホンジャックに入れて固定するストラップホール"、いわゆるPluggy Lockの類を今回は購入。
ストラップは適当なものを。


買ってから気がついたのですが、CM1のイヤホンジャックは画面に向かって左側にあります。一方手首は右側にくるので、どうにも不格好な形にはなってしまいます。

参考画像です。
今回購入したストラップは細い紐の部分含めて23cmほど。
期せずして絶妙な長さでよかったです。


保存先のSDカードは安い!速い!美味い!が理想


何をもって美味いとするかはさておき、保存容量で困らないでいいようにmicroSDカードはTerm社の64GBのものを。

RAW撮影することを前提とすると、Class10は欠かせません。
CM1そのものはUHS-1には対応していなさそうなので、同じClass10カードでもより速いものが理想ですね。

お外に連れ出しましょう


手元に届いてから約1ヶ月、ようやくCM1と一緒にお出かけする準備ができました。
HTC 10のカメラもなかなかよくてびっくりしています。そのうち並べて比べたりPaech Breezeギャラリーなんかも作ってみたりを考えていたり。

持ち歩けば当然充電は減りますが、クレードルがあるのでなんの心配もありません!最高!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿