AQUOS Xx2 mini 503SH購入レビュー【外観編】


SoftBankの15年冬モデルで、ハイスペックなコンパクトスマートフォン AQUOS Xx2 mini 503SH。
今回は外観についてレビューしていきます。

月々の支払額は前の記事で紹介しています。



端末のサイズぎりぎりのフットプリントの箱に入っています。


パッカーン



内容品


本体、説明書・保証書、テレビ用のアンテナケーブル。
以上です。 

国内キャリアから発売されている端末には充電器は基本入っていませんね。
そういえば、arrows M02には卓上ホルダに加え、ACアダプタも同梱されていました。
同型機のarrows Fit F-01Hには、卓上ホルダだけが入っています。

本体


(さっきとは違う写真ですよ)
綺麗な青をしています。まだ後ろのシールは剥がしていません。
ストラップホールは端末を正面に持って左、この写真だとちょうど見えない部分です。 


スペック


各社、冬春モデルではSnapdragon810ではなくSnapdragon808を載せています。
Xx2 miniもご多分に漏れません。





サイズ幅66✕高さ126✕厚さ8.9mm

重さ119g

画面サイズ4.7インチ IGZO液晶

解像度FullHD (1080*1920)

OSAndroid 5.1

CPUMSM8992 Snapdragon808

 Cortex-A57 ✕ 2基

 Cortex-A53 ✕ 4基

RAM3GB

ROM16GB

バッテリー2,810mAh


簡単にまとめてみましたが、小さな筐体にめいっぱい詰め込まれていますね。
フレームレートを1Hz~120Hzと自在に操るIGZO液晶と、このサイズでは大容量なバッテリー。
電池持ちが楽しみです。

まとめ


このモデルは、ドコモからSH-02H、DM-01H、auからSHV33として同型機がラインナップされています。未だ根強いコンパクトモデルのニーズ。この機種は十分応えてくれるのではないでしょうか。

最近経営面で不穏な動きのSHARPですが、良い端末が出てきたのでスマートフォン部門にはぜひとも頑張ってもらいたいです。

予定としては、機能編・カメラ編と続けていく予定です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿