AQUOS Xx2 mini 503SH購入レビュー【料金編】

SoftBankの15年冬モデルで、ハイスペックなコンパクトスマートフォン AQUOS Xx2 mini 503SHを契約してきました。

MNP

先日1月31日をもって、MNPによるキャッシュバックが大幅に減るとか、月々の維持費が高くなるとか話題になっていました。
おそらくほとぼりが冷めれば、何らかの形でまた盛り上がってくるとは思いますが…


とはいえ、この時期に乗り換えて損は無いだろうと朝9時に予約番号発行の電話をかけました。

乗り換え元は11ヶ月目のau回線。
auでは、機種変更による学割適用には18ヶ月以上の使用実績が無いといけません。
今後この回線の番号をメインで使っていきたいという意図もあり、乗り換えは妥当だと考えました。

料金


SoftBankに乗り換える際、重要なのがのりかえ下取りプログラム
Androidスマートフォンなら、なんでもいいんです。例えばショップの目の前にあるゲオで一番安く売ってある4年くらい前のおっと誰かきたようです

のりかえ割、ギガ学割などが効いて、月々の支払はこんな感じに。
データ5GBプランで、ぎりぎり5000円代で抑えることができました。




機種代3080

通話し放題ライト1836

S!ベーシックパック324

データ定額5GB5400

AppPass399

保証パック540

月月割-2630

ギガ学割-1620

下取り-900

CB充当-450

月維持費5979


AppPassは、同額が月月割で割り引かれています。
せっかくなんで今度紹介しようと思います。




キャッシュバック


勝手に1人で契約できる20歳になって1年少し、あまり回線を増やすこともできませんでした。
今回の乗り換えに際し用意出来たのはこの1本のみ。
見積もり時、ショップのおねーさんが1本と赤字で書いていたのが印象的でした。
 
複数線まとめてMNPしてキャッシュバックをいっぱい貰っちゃおう、というのが今時のトレンドですが、どうやら波に乗り損ねたまま、キャッシュバック合戦終わっちゃいそうですね。

今回のキャッシュバック額は2万円と、家族がSoftBank契約していることで5000円プラス。
約半分を月々の支払いに充てて、残りはauの解約違約金に消えました。

しょっぱい。

なお、2月からはキャッシュバック丸ごとなくなっているようです。私のパターンだと2.5万円のマイナスですね。

まとめ

SHV33ほしー!と言っていましたが、機種変だと月7~8千円かかることに気づき、また良いタイミングだったこともありSoftBankに出戻り。
SoftBankそのものにはあまり期待していないですが、久しぶりにMNOのLTEを満喫しようと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿