マネーフォワードと連携できるAndroidアプリ "ICカードリーダー by マネーフォワード"が便利


 残高も履歴もすぐに分かる使える一本 

メインで利用しているICカードはnimocaベースの「でんでんnimoca」という熊本で購入できるカードです。
これ可愛くないですか。これ買いに熊本まで遊びに行ってみませんか。

ところでこのnimoca、家計簿アプリ「マネーフォワード」と連携させるには、登録のためセンターに書類を送ったりなどの手間がかかります。
Suicaなどの他のICカードはわかりませんが、nimocaに関しては上記の理由により連携を先延ばしにしていました。

やきもきしていたところにこちらのアプリを見つけて感動したので紹介します。

マネーフォワード提供のリーダーアプリ


[ICカードリーダー by マネーフォワード]
提供元: Money Forward, Inc.
バージョン: 1.1.3
Google Play価格: 無料
(バージョンと価格は16/05/15現在のものです)
Get it on Google Play
おサイフケータイ搭載のスマートフォンにインストールします。
ZenFone 2など、NFCのみ搭載のスマートフォンでも利用可能です。

起動時にNFCが無効になっていると弾かれます。

こんな感じでタッチ。残高と履歴を表示してくれます。
写真では直で当てていますが、財布のカードポケットに入れていても反応します。

マネーフォワードにデータを送信してくれる


読み取ったデータをマネーフォワードに送信できます。
一度ログインすると、次からは自動で送信してくれます。
マネーフォワード側での確認。
交通系の支出は交通系としてジャンル分けされます。
買い物で使ったときは、さすがにどこで何を購入という記録はされないようです。

豊富なICカードに対応


全国規格のICカード以外のICカードにも対応しています。
Playストアに以下のカードに対応と載っています。

Suica / りんかいSuica / モノレールSuica / PASMO / ICOCA / ICOCA(SHIKOKU) /
ICOCA(KEIHAN) / TOICA / nimoca / でんでんnimoca / SUGOCA / mono SUGOCA /
manaca / PiTaPa / Kitaca / はやかけん / SAPICA / icsca / PASPY / IruCa / NORUCA /
CI-CA / NicoPa / 嵐電 / hanica / くまもんのICカード


まとめ


ICカードを使っていると、残高がどのくらいあるか不意に確かめたくなります。
近くに自販機でもあればピッとできますが、そうでないときのためにこの手のアプリはひとつ入れておいてもいいかもしれません。

特にマネーフォワードでお金の管理をしている人にとっては、このアプリはとっても有用だと思いますよ。


ソース: くまモンのICカード

スポンサーリンク


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿