AQUOS Xx2 mini 購入レビュー【カメラ編】

のっけからラーメンで申し訳ないと思っています。

SoftBankの15年冬モデルで、ハイスペックなコンパクトスマートフォン AQUOS Xx2 mini 503SH。
今回はカメラを中心にレビューします。

スペック


メインカメラ: 1310万画素 裏面照射型CMOSセンサー
インカメラ: 500万画素 裏面照射型CMOSセンサー

最近のSHARPスマートフォン恒例の、リコーGRシリーズ開発メンバーによる画質認証 GR Certifiedも取得。こういった目に見える差別化の主張は、停滞感のあるスマートフォン市場において強みとなる、のでしょうか。

また、光学式手ぶれ補正も搭載。ブレやすいシチュエーションでも綺麗な写真が撮りやすくなっています。

余談なんですが、私の渾身のネタ
  光学式手ぶれ補正マン「おいっす~w」
が、全くウケないのが残念で仕方ありません。

その他カメラ機能について、SHARPが全力でアピールしているので、一度ご覧頂ければと思います。


撮影例


スマートフォンのカメラは、スナップ目的で使う方が多いのではないでしょうか。
私はがっつり撮りたい時はX-A1を持っていくので、Xx2 miniのカメラは今撮らねば!というときにサッと出してオートでパシャッのパターンが基本です。

ここでは、オートでどのくらい撮れるかという点に絞って、写真を紹介します。


電車を2枚。遠近感や車体の色合いがよく出ています。
2枚目は逆光気味でしたが、負けていません。

 
駅の外観。地元バレしそう

同じ場所からズームして撮影しました。スマートフォンカメラのズームにしては、ノイズも抑えた優れた解像感と言えるでしょう。

夜間の撮影では潰れてしまっていますが、これだけ撮れれば及第点といったところでしょうか。

少しフォーカスが甘かったですね


フレーミングアドバイザーに従ったら、いい感じに餃子が撮れました。


きくらげの立体感とチャーシューの焼け具合がよく出ています。

途中に触れたフレーミングアドバイザーについては、公式の方が分かりやすく説明してあります。
どのシチュエーションでも何かしらの構図を提案してくれるので、重宝します。


まとめ


機能が豊富すぎるので、オートでの撮影物に絞ってしまいました。
この数枚でも、カメラの優秀さが垣間見えます。

カメラを使った翻訳アプリなどがプリインストールされています。
Google翻訳でも同様の機能が提供されているので、いずれ比較をしてみましょう。

えっ、インカメラ?
自撮りできる顔でも一緒に撮るような知り合いもいません




スポンサーリンク


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿