ZenFone 3 Laserファーストインプレッション!【レビュー】

1週間フレンズ。

kuropon.mobi様より、ZenFone 3 Laserをお借りしています。
元敏腕携帯ショップ店員の黒ぽんさん(@kuropon)が、キャリアのキャンペーン情報やガジェットレビューなどを展開されています。行ったことない人は是非見に行ってみてください。

レンタルさせていただけるのは約1週間。
週末を挟むのでお出かけに連れ回しながらいろいろ触って情報をお届けしたいところですが、取り急ぎ最初に触ってみた写真と感触を。

スペックだったりベンチだったりとかの数値的な話や、機能的な話は後日たっぷりと行います。

まさかの新品だったぜ

レビュー用レンタル端末に未開封品を用意していただけるのは思わぬ嬉しさでした。
ASUS印の封印テープ、剥がすの楽しいんです。一度剥がすとテーブにASUSロゴが浮かんで戻せないやつ。
前に開けたZenFoneはZenFone Goでしたが、箱の作りが変わっています。
手前に引っ張るタイプなのはそのままですが、印刷がある外側は前後開放されています。
箱の印象はスマートになったと思います。

ということで、今回触らせてもらえるのはシルバーモデルです。

もちろん、充実の付属品。

本体・ACアダプター・USBケーブル・ヘッドセット・SIMピンです。
USB端子はmicro-B。相変わらず、これさえあれば何も要らないセットです。

うっすらとASUSロゴが刻印されてあるACアダプターは5.2V/1A出力。
ZenFone 3 Laser自体が急速充電非対応で、フル充電に3時間ほどかかります。

同心円が煌めくヘッドセット。音楽の鳴らし方・聞こえ方も試したいところです。

にっこりしているSIMピンめっっっちゃかわいくて好きです。好き。

外観チェック!

前面です。ベゼルは細くもなく太くもなく。
このくらいベゼルに余裕があれば、2.5Dラウンドガラスとは言えフィルムで画面全域をカバーできるでしょう。
右側上から音量+/-、電源ボタン。左側にはSIMカード/SDカードスロットです。

背面です。
レーザー・カメラ・フラッシュ・そして指紋リーダー。
ボディ素材のですが、中央は金属、上下部分は樹脂のようです。継ぎ目は綺麗で段差も感じられません。色合いもだいぶ寄せてあって不自然さはないです。



指紋認証を軽く試してみる


こちらが、一度スリープから電源ボタンを押してウェイクして、ロック画面を表示させた状態で指紋認証でロック解除した動画です。指の動きで見て頂けるとお分かりかと思いますが、爆速です。


一方、こちらはスリープ状態から直接指紋認証でロック解除を行っています。
上との違いは一目瞭然。ふんわり画面表示のエフェクトを差し引いても、即時に画面が表示されるわけではありません。

ということで、ロック画面からの解除は非常に速いですが、スリープからだと一拍おきます。
認証そのものがスリープからだと遅いのか、認証してからウェイクするまでで時間がかかっているのかは分かりませんが、HTC 10やHUAWEI P9を使っている身からすると遅いなと感じました。比べる相手が価格帯的に違いすぎるのは承知の上ですが…
画面ダブルタップからのウェイクも一拍おくので、個人的には後者の気がします。
ちょっと惜しいなと思うポイントです。

ちなみに、認証に失敗すると端末がブルッと震えます。この点は押さえてくれてます。

とりあえず一枚撮ってみました

昼間やご飯相手の写真も撮ってみたいところですが、なかなか期待できる画質です。
フォーカス音が大きいのは、なんとかなってほしいところですが。

まとめ: 使ってみるのが楽しみな一台!

開けてさくっと触ってみた程度ですが、なかなかに楽しさを感じました。
特に質感はかなり良いと思います。すべっすべのさらっさら。
これからじっくり使ってみると思うとワクワクです。

売りのカメラ機能含め、色々な面からZenFone 3 Laserを舐め回してみたいと思います。
次回をお楽しみに!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿