SkullCanyonのためにノートパソコン用冷却パッドを購入しました。【レビュー】

すかるきゃにおんがお熱い♡

すっかりメインマシンとして頑張ってくれているすかるきゃにおんことNUC6i7KYKですが、中に入れているSSD、Samsung 950 Proが結構熱を持ちます。
特に負荷をかけるでもなく熱風が出てくるので、いっそのこと960 Proに買い換えようかと思わないでもないのですが、とりあえずは安価にできる熱対策を行ってみました。

定価6000円!売値3000円!買値1000円!!!

もはやAmazonにおいて、参考価格だの価格だのあまり意味があるのかもよく分かりませんが、割引率が高い商品ってお得感しますよね。

今回購入したのはこちらの冷却パッドです。
ただ安かったから、ということではなく、上にすかるきゃにおんを直接乗せるのでファンの位置なども考慮しました。LEDの必要性は分かりませんが。

本体!ケーブル!以上だ!

ダンボール箱でやってきました。この日はP9本体とP9用ケース・フィルムと一緒に届いたので宅配ボックスを2つ占領することに。

パッド本体です。中心に大きいファンが2つ、表面は金属メッシュパッドで冷却効率を上げています。

裏面です。下から吸気するので、スタンドを立ち上げて空間を確保する必要があります。

スタンドがっちゃーん。ちなみに横は32cm、縦は25cm程度のサイズ。
高さは最高部で6cmくらいになります。

電源供給用ケーブル。オス端子とメス端子が一緒になっています。
PCのUSBポートを潰さない親切設計です。


いざ、鎮座!

ケーブルを接続すると、青い光を放ちながらファンが回り始めました。
音はいうほど気になりませんでした。確かに音はしますが、ファンの音がするなーという程度。

すかるきゃにおんを乗せました。全体的にスペースが余ります。
元が15インチクラスのノートPC用なので仕方ありません。

常時利用で-4℃効果

冷却パッドに乗せる前の950 Proの温度。Dドライブに使っているIntel SSDは、データ領域としてしか使っていませんが、16℃とだいぶ差があります。

パッドに乗せて少し時間をおいて安定させました。
両方のSSDが3~4℃低くなっています。すかるきゃにおんの排気も熱くなくなりました。
高負荷時のパフォーマンスにも期待です。

まとめ

置いてすぐに効果が出たのでびっくりです。
本体に対して幅はとりますが、コストパフォーマンスには優れているように思います。
普通にノートPCの熱対策としても有用性を感じるので、気になっている人にはおすすめです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿