Jayfi JA40レビュー。低音とデザインを重視したマイク付きイヤホン

じっくり調教する価値を見出す一本

イヤホンメーカーのJayfi様よりJA40を提供いただきましたのでレビューします。
商品はこちら。

まずは外観

箱です。なぜかプラグが2本垂れてますが気にしないことにします。

側面の、「こいつらに対応してるぜ!」的なアイコン羅列。
Laptopがどう見てもLaptopじゃないのが好き。

開封するとJA40とご対面。ウレタン地の素材で包まれていました。

内容物は本体・説明書・イヤーピース・キャリングポーチ。
結構しっかりとした作りのポーチが同梱されています。

ハウジングはアルミ製。イヤーピースはちょっと安っぽい見た目。

最初からついているMサイズのイヤーピースの他に、SサイズとLサイズのものが同梱されています。

日本語表記で丁寧な説明書

多言語型の取扱説明書の中盤に、日本語表記のブロックがありました。
まずエージングの説明をしているところがとてもいいですね。

フォントこそ中華フォントですが、意味はわかります。音域図まで載っています。

説明書は大変親切だと思います。


いかほどの音を鳴らすのか?

外観の紹介を済ませたところで、音質のチェックです。
イヤホンの感じ方は人それぞれですので、一個人の意見としてお捉えください。
再生環境はスマホで気軽に聴くことを想定して、HTC 10とGoogle Playミュージック。

主に感じたのはこの4点。
低音は豊かに響く。
ウリにしているだけドラムやベースなどの音は心地よいです。

ボーカルが活きる。
後述する解像度の問題にも関わってきますが、インスト側がまとまっている分ボーカルが目立ちます。

高音域がおろそか。
低音側に振っているせいか、高音がちょっと弱いなという印象。
こもっていると言ってもいいかもしれません。

解像度が足りない。普段使っているイヤホンだと、太さ1の音のラインがそれぞれ5本別々に耳に流れる感じなのですが、このJA40だと太さ5のラインが1本くる印象。

後ろ2点については、じっくり使ってほぐれてくれることに期待です。

ざっくり言うと、低音とボーカルが前面に出ている味付けです。

使用感は◎

遮音性が高いように感じました。電車で使ってもあまり環境音に邪魔されません。
また、タッチノイズもそれほど目立ちませんでした。
音質以外の点は合格点だと思います。

長期使用後のレビューを予定

諸事情によりろくなエージングもならないままでのレビューです。
しばらく常用してから感じ方が変われば、またゆっくり所感を述べるつもりです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿