本日国内発売!Chromecast2ファーストインプレッション

コーラルを買いました

第二世代Chromecast / Chromecast Audioが国内正規発売開始


発表からおよそ5ヶ月弱、2016年2月18日。
GoogleのChromecast第二世代モデル、及びChromecast Audioがようやく国内での正規発売が開始されました。

発売日に電気屋に寄る機会があったので、思わず衝動買いしてしまいました。
今回は特徴などを写真を交えて紹介します。

Chromecastとは


テレビやモニタなどにあるHDMI端子に接続して使用する製品です。
無線LANを使って、スマートフォンやPCから映像を飛ばして大画面で楽しもうというコンセプトのもと、Googleから発売されています。
Amazonから発売されているFire TV Stickも、同様の特徴を持っています。

映像をcast(投影)することから、この名がついたようですね。
Android端末はもちろん、iOS端末、Windows、MacOS、Chrome OSを載せたPCからもキャストができるようです。

1世代モデルはUSBモデルのような形でしたが、今回は可愛いポップなデザインですね。
違いとしては、

  • 本体とHDMI端子の間にケーブルが設けられ、接続に余裕を持たせられる
  • デュアルバンド無線LANに対応、IEEE802.11ac/b/g/nをサポート
  • 高性能指向性アンテナを3本搭載
  • スマートフォン側でアプリを開くとChromecastで事前にアプリやページが読み込まれるFast Play
  • Chromeブラウザのタブをそのまま画面に出力できる
が挙げられます。なお、Googleによる主な使用は以下の通りです
出力 HDMI、CEC(Consumer Electronics Control)対応
最大解像度 1080p
デバイスサイズ 51.9 x 51.9 x 13.49 mm
電源ケーブル 1.75m
ポート・コネクタ HDMI・microUSB(充電用)
カラー ブラック/コーラル/レモネード(Playストア限定)
重量 39.1g
無線規格 802.11 b/g/n/ac Wi-Fi(2.4GHz / 5GHz)
無線セキュリティ WEP、WPA/WPA2
必要なもの Wi-Fi環境・HDMI端子搭載のテレビ/ディスプレイ・対応する端末
サポートしているもの



  • Android 4.1↑
  • iOS 7.0↑
  • Windows 7↑
  • Mac OS 10.7↑
  • Chrome28↑のChrome OS

  • なお、希望小売価格は4980円(税込)。Playストアの他、家電量販店のオンラインショップ、店頭で取り扱っているようです。
    購入先をGoogleがまとめてくれています

    ちなみに、私が買った量販店ではChromecast Audioは取り扱っていませんでした。

    開封


    では、製品を見ていきます。
    箱です。シンプルで可愛く、思わず手にとってしまいたくなるデザインですね。

    キャラメル包装のようなひもを引っ張ると、箱が開けられるようになります。

    箱を開けると、中には説明書きが。
    というか、説明の類はこれのみでした。紙モノは一切入っていません。
    (テレビに)繋げて(スマホを)繋げろ、これだけ。
    左端のQRコードで、セットアップ用のURLにアクセスできるようです。

    ご対面です。

    さらに開けると、ACアダプタがこじんまりと入っています。

    内容物は以上です。

    すりすりしたくなっちゃうかわいらしいデザインです。
    HDMIケーブルはよく曲がります。本体はちょっとプラスチッキーな感触が目立ちます。

    裏がマグネットになっていて、持ち運ぶときにまとまりそうです。

    ACアダプタにはChromeマーク入り。ちょっと特別な気分になれます。

    出力など使用は一般的なもので、5V/1.0Aです。

    まとめ


    実際に接続して色々見てみるのは明日以降にします。
    今日は取り急ぎ開封レビューとなりました。(今日中に書き上げたかった)
    次回をお楽しみに!


    ソース:
    新しいChromecastの特長
    新しいChromecastの仕様

    スポンサーリンク


    スポンサーリンク

    0 件のコメント :

    コメントを投稿